料理のこだわり

料理自慢の旅館古城の料理をご紹介します。

直送される新鮮な海の幸

亭主の故郷である兵庫県最北の町「香住」から仕入れる新鮮な海の幸を、内陸である養父市でもご堪能いただける数少ない宿です。

丁寧に手作りされる料理

当館の料理は手作りが基本です。ひとつひとつ心を込めて丁寧に作り上げています。お客様を料理でおもてなしすることも古城の心得です。

郷土の魅力を活かす

できる限り地産地消にこだわり、郷土の魅力を活かすことを第一として考えています。中でも但馬牛は代表的な食材、ぜひご堪能ください。

香住のカニは絶品

冬のカニシーズンも古城の魅力の一つ。亭主の故郷である香住から仕入れる活ガニは一味違います。鮮度も旨味も抜群のカニをお愉しみ頂けます。

冬の醍醐味 格別のカニ料理

冬の日本海といえばズワイガニ。山陰地方では、松葉がにと呼ばれています。毎年11月6日の解禁から翌年3月までがカニシーズンです。古城の近郊には、津居山・柴山・香住・浜坂など豊富な水揚げ量を誇る良港があり、それらの中から厳選した良質のカニを仕入れています。

カニの本場で生まれ育った亭主が選び抜いたカニを、より美味しく召し上がっていただけるよう旨味を最大限に引き出すため、丁寧に調理を行います。創業以来、毎シーズンかにを求めて京阪神を中心に多くのお客様が遠路よりお越し下さり、ご堪能頂いております。